長期滞在にマンスリーマンションはおすすめ?

公開日:2023/09/01

出張や長期の旅行で活躍するマンスリーマンション。コストパフォーマンスの良さが売りといえますが、他の方法と比較してどのような違いがあるのでしょうか。ここではマンスリーマンションについて解説するほか、マンスリーマンションで長期滞在は可能か、ホテルや民泊との比較について解説します。

マンスリーマンションとは?短期滞在向けの賃貸物件

マンスリーマンションは、出張や長期の旅行などで利用する方が多い短期の賃貸です。

その名の通り、月単位で賃貸することを前提としており、部屋には生活に必要な冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどが揃っています。中にはタオル、調理器具、アイロン、歯ブラシなどの消耗品が備わっている物件もあります。

また、水道、ガス、電気などのインフラ、物件によっては無線LANなどのインターネット環境も賃料に含まれているので、契約作業も不要です。それゆえ、非常に利便性が高く、必要最低限の荷物を持って入居することが可能となっています

手続きも一般的な賃貸が入居まで早くても1週間ほどかかるのに対し、マンスリーマンションは早ければその場で入居が完了します

これは単純に契約期間が異なることに加え、手続きが簡単であることが理由です。また、賃貸が敷金、礼金、保証金、保証人、鍵の交換費用、クリーニング代など入居、退去に関して多くの費用やそれに伴う確認、支払い作業がないことも入居が早く済む理由といえます。

費用は1ヶ月あたりに換算すると賃貸より割高といえますが、概ね1年未満の入居であれば、入居、退去に伴う費用、生活に必要な家具、家電が必要ないマンスリーマンションの方が割安になることがあります

場合によっては、数十万円単位で変わってくることもあるので、費用は事前に計算しておくことをおすすめします。

このようにマンスリーマンションは、賃貸よりも手軽でコストパフォーマンスに優れたものであることから、使い方次第では多くの方の需要を満たしている物件といえるでしょう。

上記のようなマンスリーマンションですが、デメリットや注意すべき点もあります。

まず、費用がすべて前払いの物件もあることです。この理由は、運営会社からすれは当然で、契約期間は想定される利益が得られる期間になりますが、早期の退去や料金を支払わずに退去してしまうことが発生すると、利益が得られません。

それゆえ、先に料金を支払ってもらって利益を確保しておくというわけです。前払いの場合は契約期間にもよりますが、まとまったお金が必要になるので支払い時期は事前に確認しておきましょう。

そして、入居者同士のトラブルが深刻化しやすいこともデメリットでしょう。一般的な賃貸は、オーナーが入居人を審査して問題があれば入居させない場合もあります。

マンスリーマンションは審査がなく、手続きも簡単なのでいわゆる「素行の悪い」入居者が隣の部屋に入居することも考えられます。

運営会社の対応もピンキリですので、この部分は頭に入れておく必要があります。

マンスリーマンションで長期滞在は可能?

マンスリーマンションでの長期滞在は結論からいえば可能です。一般的にマンスリーマンションの契約期間は最大で1年未満、つまり364日と定められています。「では、1年以上の契約はできないのか」と考える方もいるかと思います。

確かに1回の契約期間は1年未満ですが、賃貸のように自動更新しないだけで、契約終了日以降は再度新しく契約すればそのまま住み続けられます

ただし「急に仕事の都合で退去する必要が出てきた」「旅行を切り上げて契約期間より早く退去する」といった場合、運営会社は想定していた利益が得られなくなるので、その分の違約金を請求される可能性があります。

くれぐれも契約期間は慎重に決定し、退去の必要性が出てきたら早めに運営会社に連絡するようにしましょう。

ホテルや民泊との比較

マンスリーマンションと比較されるのが、ホテルや民泊です。ホテルや民泊は、宿泊を前提としているので、生活に必要なものは揃っていますが、自炊施設がないことがあります。

そのため、ホテル・民泊のほうが食費が多くかかり、単価が高いことも相まって相対的に割高になることがあります

ただし「自炊はしない」「生活の利便性、経済性よりも快適性を重視する」といった場合は、マンスリーマンション以上の利便性や非日常感を享受して滞在することが可能といえるでしょう。

また、施設によってはジム、プール、書斎、関連施設の利用などが無料であったり、割引を受けられたりと機能面でも充実している場所もあります。自分がどのような目的で、何を重視して滞在するのかによって選択するのが賢いといえるでしょう。

まとめ

マンスリーマンションとは何か、マンスリーマンションで長期滞在は可能か、ホテルや民泊との比較について解説してきました。マンスリーマンションは、多くの利便性、メリットがありますが、注意すべき点、デメリットもあることがわかりましたね。宿泊を検討する際は、上記を参考に賃貸、ホテル、民泊の費用、サービス内容と比較して、賢く利用するようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

RANKING TABLE

【愛知】おすすめのマンスリーマンションランキング比較表

イメージ




サービス名愛知マンスリードットコム グッドマンスリーマンスリーズワンダーライフレオパレス21
特徴安心の低価格と分かりやすい価格設定のマンスリーマンション予約サイト物件数業界No.1と豊富な条件検索が特徴のマンスリーマンションサイトわかりやすい賃料表示と便利な検索機能の初心者に安心な物件情報サイト利用者に合わせたプランや部屋が豊富!それぞれの快適な暮らしを実現可能お得に利用できる2つのプランを用意!前払いシステムで入居手続きもラク
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら